北朝鮮ミサイルを警戒 防衛相「万全を期す」

 岸信夫防衛相は19日の記者会見で、北朝鮮が改良した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に近く踏み切る可能性に言及した米軍幹部の見解を受け、防衛省として警戒を強める意向を示した。「各種の兆候把握に努め、常に情報収集の警戒監視に万全を期す」と述べた。

 同時に「弾道ミサイルの発射を含めて、あらゆる事態に対応できるよう平素から米軍と連携している」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ