河野担当相、ワクチン休暇「現役世代の接種の前に詰める」

 河野太郎ワクチン担当相は17日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスワクチン接種のための「ワクチン休暇」について「しっかりと休暇を取ってワクチンを打ちやすくできるように経済界に働きかけなければならない。現役世代の接種の順番になる前に詰めていきたい」と述べた。

 河野氏は「現役世代が打ち始めると、副反応で発熱する人も出てくる。無理に出勤をしないことも大事だ」と指摘。ワクチンは基本的に居住地での接種を求められていることを踏まえ「大都市圏に通勤している方も大勢いる。居住地で接種してもらうために半日なり1日の休暇を取って、接種してもらうことが必要になってくる」との見解を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ