LINE個人情報の中国問題「事実関係確認し適切に対応」 加藤官房長官 

 加藤勝信官房長官は17日午前の記者会見で、LINE(ライン)の利用者の個人情報が、中国の関連会社の技術者から閲覧可能な状態になっていた問題について「今後、個人情報保護委員会をはじめ関係政府機関で、規律との関係を含め事実関係を確認の上、適切に対応することになる」と述べた。自身も自宅でLINEを使っていることも明らかにした。

 政府内でのLINEの利用見直しについては「事実関係を確認しており、その上で適切に対応していく」と述べるにとどめた。閣僚間で使用する際の申し合わせなどについては「具体的な申し合わせがあるとは承知していない」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ