日米防衛相、中国の海警法に深刻な懸念

 日米両政府は16日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を東京都内で開催する。これに先立って、岸信夫防衛相とオースティン米国防長官が会談。岸氏は、中国が海警局に武器使用を認めた海警法により、東シナ海や南シナ海で緊張を高めていることは断じて受け入れられないとの考えを述べ、オースティン氏と深刻な懸念で一致した。

 岸氏が会談後、記者団に明らかにした。両氏は台湾海峡の平和と安定の重要性でも一致した。

 岸氏は会談の冒頭、「東シナ海、南シナ海での中国の行動を中心に意見交換し、同盟の抑止力、対処力の強化に向けて具体的な取り組みについて議論したい」と強調。オースティン氏も「これから先、どんな挑戦、どんな課題にもしっかりとともに対応していけると確信している」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ