菅首相「痛くなかった」 訪米前にワクチン接種

 菅義偉首相は16日、4月上旬に予定するバイデン米大統領との対面会談のため訪米するのを前に、新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を東京都内の医療機関で受けた。その後、記者団に「痛そうだったがそんなに痛くもなく、スムーズに終えることができた」と述べた。接種の様子は報道陣に公開した。

 首相はコロナワクチンについて「国民の皆さんに一日も早く届けなければならないと痛感した。接種してもらえる環境をしっかりつくっていきたい」と強調した。

 日米両政府は首脳会談に際し、コロナ感染対策を万全にすることで一致している。日本政府は感染防止のため、代表団の規模を必要最小限に絞る方針。首相と同行者全員が米ファイザー製のワクチンを2回、3週間の間隔で接種する。

 バイデン氏は就任前の昨年12月、全米でテレビ中継される中、公開接種を受けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ