コロナワクチン 5、6月供給は1億回分 6回接種の注射器 来月配送

 河野太郎ワクチン担当相は12日の記者会見で、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンに関し、5、6月は約1億回分(1瓶当たり6回接種で計算)の供給を見込んでいると発表した。また交渉の結果、3、4月分も当初発表より約400万回分増え、最大で約1692万回分となる見通しも明かした。

 河野氏によると、5月は毎週、最大で約1075万回分が日本に到着する見込み。6月はさらに供給量が増え、両月をあわせると最大で約1億回分を超える見通しという。いずれも欧州連合(EU)の承認が得られることが前提となる。

 また、医療従事者分(約480万人)については、5月10日の週に対象者全てが2回接種できる量の配送が完了する見通し。このうち4月12日の週の配送分から、1瓶当たり6回接種できる特殊な注射器が使用可能となる見込みだ。

 河野氏は記者会見で、高齢者以外の一般向け接種の開始時期については「現時点では何とも言えない。自治体の接種スピードに応じ、高齢者が終われば次に移っていく」と述べるにとどめた。

 また、接種当日に余った分を優先順位にかかわらず接種するキャンセル待ち制度について、柔軟な対応を容認する考えを示した。「基本的には接種券を持っている高齢者からだ」としつつ、「無駄にするより、接種券がなくても接種するのは全然問題ない。自治体の判断で一番いい方法でやってほしい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ