尖閣危機「自衛権発動」明言を 元海上保安官・一色正春

【ラジオ大阪ぶっちゃけ正論】

 小島 一色さんは、2010年9月に尖閣沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりした際、事件の映像を公開されました。日本側は逮捕した漁船の船長を釈放してしまい、中国側の宣伝もあって、どちらが悪いのか分からないという状況にあって、海上保安官だった一色さんの職を賭した行動が、中国漁船の無法ぶりを明らかにしました。あれから10年半がたちます。残念ながら事態は悪化していて、今年2月には中国が、わが国の尖閣諸島領海に侵入を繰り返している中国の海警局公船に武器使用の権限を与える「海警法」という法律を施行しました。いよいよ抜き差しならなくなってきました。

 一色 中国が急にやってきたというように、よく話をされるんですけれど、彼らは1970年代初頭に尖閣の領有権を主張しだしてから、一歩一歩、着実にステップアップしてきたんです。78年の平和友好条約締結の直前には、武装していたとみられる漁船約100隻を到来させ、「文句を言ったら、また漁船が大挙して来るぞ」と一発かました。92年には尖閣は中国の領土だとする領海法を制定し、2009年には海島保護法をつくり、周辺海域の無人島に中国名をつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ