「行政、ゆがめられた」立民 菅首相に集中砲火 狂う早期決着

 放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉(すが・よしひで)首相の長男による接待問題は幹部4人に加え、別の9人も同様の接待を受けていたことが判明した。22日の衆院予算委員会の集中審議では、立憲民主党が首相に「行政がゆがめられたのではないか」と集中砲火を浴びせた。立民は首相のイメージダウンにつながる接待問題の追及に色めき立っており、早期決着を図ろうとしてきた政府・与党の目算は狂いつつある。

 「私自身、普段から息子とは仕事の話は一切していなかった」

 首相は予算委で神妙な表情でこう語り、長男と総務省幹部らの接待が40件近くに及んでいたことに「驚いた」と率直に語った。

 立民の奥野総一郎氏は首相の著書「政治家の覚悟 官僚を動かせ」を踏まえ、「間違った方向に官僚が動いている。長男の陰に首相がいるので、官僚が間違った方向に動くのではないか」と厳しく指摘した。

 立民などの野党が今回の接待問題の追及に前のめりになっているのは、首相の身内がかかわっていることに加え、首相は総務相や総務副大臣を歴任し、同省は首相の「直轄地」と呼ばれるほど、影響力が強い省庁だからだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ