北朝鮮による拉致問題を訴える映画「めぐみへの誓い」、仙台で試写会 26日から上映

 昭和52年に北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(56)=拉致当時(13)=ら被害者や、救出活動に尽力する家族の思いを描いた映画「めぐみへの誓い」の試写会が19日、仙台市青葉区のフォーラム仙台で開かれた。

 試写会は「北朝鮮に拉致されたすべての人を救出する宮城の会」(救う会宮城、安藤哲夫会長)の主催。拉致問題を世界に訴えようと、平成26年から政府が主催して全国で上演されている舞台劇を映画化し、秋田県内などで撮影が行われた。

 試写会では、安藤会長が「みなさんに映画の上映について広めていただきたい」とあいさつ。県議会拉致議員連盟会長の石川光次郎議長は「映画を契機に、より多くの国民に拉致問題の重要さを知っていただきたい」と語った。映画は26日~3月11日にフォーラム仙台で上映される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ