自民、小林ワクチン担当補佐官揶揄の総務省幹部発言に批判 衆院予算委理事会

 菅義偉(すが・よしひで)首相の長男が関与した総務省幹部の接待問題を協議した18日午前の衆院予算委員会理事会で、総務省が接待を受けた秋本芳徳情報流通行政局長が会食の席で、自民党の小林史明ワクチン担当大臣補佐官を揶揄(やゆ)する発言をしていたと認め、自民党側から批判の声が上がった。

 週刊文春の「文春オンライン」が公開した音声データなどによると、秋本氏は会食の席で、秋本氏が総務政務官を務めた小林氏について「どっかで一敗地にまみれないと、全然勘違いのままいっちゃいますよね」などと発言したとされる。

 総務省は理事会で秋本氏が「小林氏に関する発言は私の音声かと思われます」と認めたことを明らかにしたが、これには自民側からも「大変遺憾で許せない」との発言があった。

 小林氏は岸田文雄前政調会長が率いる岸田派(宏池会)に所属し、NTTドコモ社員を経て政界入りした当選3回の若手のホープ。第2次安倍晋三政権で総務政務官兼内閣府政務官を務め、NHK改革など放送・通信分野で規制改革を進めた。1月には、新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた調整を担当する河野太郎ワクチン担当相の補佐官に起用されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ