菅首相、ワクチン接種「感染防止の決め手」 衆院予算委

 菅義偉(すが・よしひで)首相は17日の衆院予算委員会で、同日から国内初の接種が始まった新型コロナウイルスワクチンについて「感染拡大防止の決め手になるものだ。国民に副反応などの情報を公開する中で接種を行い、何としても収束に向かわせたい」と決意を語った。

 首相は今回の医療従事者への先行接種では、米製薬大手ファイザー製のワクチンが使用されることなどを踏まえ、「ワクチンは国内で開発・生産できる体制を確立しておくことが極めて重要な危機管理だ」などと述べ、国産化に向けた関連産業を支援する考えも強調した。

 また、政府が現在16歳以上としているワクチン接種の対象年齢の引き下げに関し、厚生労働省の小鑓隆史政務官は「今後必要なデータが整ってくれば、安全性や有効性の評価を改めて行い、検討をすることはあり得る」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ