「1日も早い配布を」 ワクチン接種「練馬区モデル」区長が要望

 衆院予算委員会は16日午前、令和3年度予算案に関する参考人質疑を実施した。新型コロナウイルスワクチンをめぐり、身近な診療所での接種を軸とするモデルをまとめた東京都練馬区の前川燿男区長が出席。多くの住民に着実に接種を進める事業を「必ず成功させたい」と述べ、一日も早いワクチンの供給と日程の開示を国に求めた。

 参考人質疑は、新型コロナの緊急事態宣言発令で開催を見送った地方公聴会の代替との位置付け。東邦大の舘田一博教授(感染症学)はPCR検査に関し「急所の急所を地域限定で徹底的にたたく」と語り、感染リスクが高い人や無症状者に対する積極的実施への転換を訴えた。さらなる新型病原体の出現への対策が重要とも説いた。

 参院予算委も予算案の関係先を視察する委員派遣に代えて、オンラインで医療関係者らと意見交換した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ