「日豪印と関係改善を…」焦る中国の“甘言作戦”にダマされるな! 「クアッド首脳会議」実現に向けインド説得の好機

【ニュースの核心】

 中国が海警局に武器使用を認める海警法を施行して以来、海警局の船が連日のように、沖縄県・尖閣諸島の周辺海域に侵入している。6日と7日には、海警局船2隻が操業中の日本漁船に接近し、海上保安庁の巡視船が2隻を領海から退去させた。

 海警局はかつては政府機関だったが、2018年に中央軍事委員会の指揮下に移管された。中には、排水量1万トン級の大型船や、退役した軍艦を改装した船もあり、いまや完全に「人民解放軍の別動隊」だ。

 任務は「国家主権と安全、海洋権益の保護」とされる。中国の立場では「自国の主権を守るために、日本漁船の違法操業を取り締まっている」という話になる。いずれ機会を見て日本漁船の拿捕(だほ)に動いても、おかしくない。

 ただ、一挙に武器を使った衝突に発展するかといえば、そこはハードルが高いだろう。巡視船の背後には、海上自衛隊の護衛艦が常時、待機している。海警局が武器を使えば、海上自衛隊が直ちに駆けつける態勢だ。国際社会での宣伝戦でも、先に手を出した側が不利になる。

 中国は小出しに攻め手を出していく「サラミ戦術」を得意としている。武器使用の容認もその一環とすれば、一挙に緊張を高める行動は避けるのではないか。逆に言えば、日本は警備体制を強化しつつ、粘り強く中国船の追い出し作戦を続けるしかない。

 尖閣防衛は何より日本の責任だが、国際的な中国包囲網づくりも進んでいる。先週の本欄で紹介した日本と米国、オーストラリア、インドの安全保障枠組み「QUAD(クアッド)」はその1つだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ