岸防衛相、イラン国防軍需相とテレビ会談 海自派遣1年延長を説明

 岸信夫防衛相は15日、イランのハタミ国防軍需相とテレビ会議形式で会談し、日本関係船舶の安全確保のために実施している海上自衛隊部隊の中東派遣に関し、活動期間を1年延長したことを説明し、理解を求めた。

 中東情勢をめぐっては、米国のトランプ前政権とイランとの間で緊張が高まり、米国が民間船舶の安全確保のためとして有志連合を呼びかけた経緯がある。

 日本政府はイランとの関係を重視して海自部隊を独自派遣することを一昨年末に決め、昨年12月に1年延長することを閣議決定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ