加藤氏、緊急事態宣言後に蔓延防止等重点措置への移行「機械的適用ない」 

 加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法で新設した「蔓延防止等重点措置」に関し、緊急事態宣言後に機械的に適用されるものではないとの考え方を示した。加藤氏は「感染が減少傾向の場合に適用することはあり得る」とも説明した。

 蔓延防止等重点措置は、歓楽街を起点に感染が広がった昨年の経験を踏まえ、緊急事態宣言が発令されていない段階から地域を絞った集中的な対策をとれる目的で設けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ