国有識者会議に疑念の声も リニアで静岡県専門部会

 静岡県は15日、リニア中央新幹線静岡工区を巡り、工事の環境への影響を検証する県独自の専門部会を開いた。国土交通省が設置した有識者会議が7日、トンネル工事による大井川中下流域の流量減は回避できるとのJR東海の説明を事実上了承して発表した「座長コメント」に関して、委員から「必要性やまとめ方に疑念がある」との声が上がった。

 難波喬司副知事は、静岡県側から山梨県側へ流出する湧水量に関するJR東海側の解析結果は、座長コメントの中で「確認した」とされているものの、精度に限界があると指摘。「県外流出を防ぐ工法の検討など課題がある。専門家でない人も理解できる分かりやすい資料が必要だ」と県の見解を示した。

 リニア静岡工区を巡ってはトンネル掘削で大井川の流量が減少し、流域住民の生活に悪影響を及ぼすとして静岡県が着工に反対。品川-名古屋の令和9年開業が困難になっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ