参院広島の再選挙「公明候補は出さない」 石井幹事長

 公明党の石井啓一幹事長は5日の記者会見で、令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で公職選挙法違反罪で河井案里前参院議員=自民党離党=の有罪が確定したことに伴う再選挙に関し、「公明が候補を出す予定はない」と明らかにした。

 同事件で同じく公選法違反罪に問われて公判中の元法相で案里氏の夫、河井克行被告=衆院議員、自民党離党=が地盤としてきた衆院広島3区では、公明は斉藤鉄夫副代表=比例中国=の擁立を決めており、参院広島選挙区での対応が注目されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ