加藤長官、韓国国防白書の表記変更にコメントせず

 加藤勝信官房長官は3日の記者会見で、韓国が2020年版国防白書で日本に関する表記をこれまでの「同伴者」から「隣国」に変更したことについて評価を避けた。「韓国政府の意図について日本政府としてコメントする立場にない」と述べた。

 竹島(島根県隠岐の島町)の領有権主張や、韓国海軍による火器管制レーダー照射問題をめぐる記述に関しては「わが国の立場と相いれず、直ちに抗議した」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ