菅首相の政府対策本部発言全文 緊急事態宣言の10都府県延長を表明「感染者減少の取り組み続ける」 

 2日に首相官邸で開かれた政府の新型コロナウイルス対策本部での菅義偉(すが・よしひで)首相のあいさつは次の通り。

 先月の緊急事態宣言の発出以降、東京をはじめ、全国の新規感染者数は減少傾向にあり、飲食店の時間短縮を中心とする今回の対策がはっきり効果を上げていると考えられます。

 今後もこの減少傾向を継続をさせ、入院者数、重症者数を減少させる必要があります。このため緊急事態宣言の対象区域について、栃木県を2月7日で解除することとし、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県および福岡県の10都府県に変更するとともに、緊急事態措置を実施すべき期間を3月7日まで延長することといたします。

 これまでの対策を徹底し、感染者数をしっかり減少させるよう取り組みを続けてまいります。感染状況などが改善をした都府県については、3月7日の期間満了を待たずに、順次、宣言を解除してまいります。

その中で必要な方が必要な医療を受けることができるよう、引き続き、各自治体一体となって、病床の確保に全力を挙げてまいります。国民の命と暮らしを守るため、各大臣におかれましては本日の決定に基づき、引き続き対策を徹底し、感染の減少に向けて、全力で取り組んでいただくようお願いをいたします。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ