日中海洋協議、3日開催で調整 海警法に強い懸念伝達へ

 岸信夫防衛相は2日の記者会見で、日中両国の外務省など当局者による「日中高級事務レベル海洋協議」をテレビ会議方式で近く開き、防衛省からも課長級職員が参加すると明らかにした。日中外交筋によると、協議は3日に開催する方向で調整している。岸氏は、中国海警局に武器使用を認めた海警法の施行に関し「あらゆる機会を通じて、わが国が持つ強い懸念について中国側にしっかり伝えていきたい」と述べた。

 同時に、南シナ海の島々の領有権をめぐり中国と対立するフィリピンやベトナムなどとの協力について「危機感を共有する国とさまざまな形で連携を取るのは必要だ」として、前向きに検討する考えを示した。日本側は外務省の船越健裕アジア大洋州局長が団長を務める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ