緊急事態延長で「事業者支援策を議論」 梶山経産相

 梶山弘志経済産業相は2日の閣議後記者会見で、10都府県の緊急事態宣言の延長に伴う今後の事業者支援について「政府全体でどういう形にしていくかを議論している」と説明した。影響を受けている事業者には、令和2年度第3次補正予算で計上した各種の補助金や実質無利子、無担保融資などを優先的に受けられるようにしていく考えも示した。

 また、緊急事態宣言中に自民、公明両党の幹部だった衆院議員らが東京・銀座のクラブを訪問した問題に関し、梶山氏は「国民に大変な不便や苦労をかける中、要請する者が取り決めを破るようなことがあってはならない」と批判。「議会の一員という認識を持ち、襟を正して行動してほしい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ