首相、コロナ「しばらく警戒必要」 緊急事態延長は「専門家決定踏まえ判断」

 菅義偉首相は1日夜、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言について「感染者数は減少傾向にあると思う。しかし、しばらくは警戒が必要な状況だ」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 7日に期限を迎える宣言の延長に関しては、2日に専門家らで構成する基本的対処方針等諮問委員会を開くとした上で「専門家の決定を踏まえた上で対応したい」と述べるにとどめた。

 これに先立ち、首相は西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相、赤羽一嘉国土交通相ら新型コロナ対策の関係閣僚と官邸で協議。2日に緊急事態宣言を延長する方針を確認したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ