コロナ特措法改正案、刑事罰の是非など与野党が修正協議

 与野党は26日、新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案について5項目の修正協議を始めた。野党側は感染症法改正案に盛り込まれた入院拒否者に対する懲役など刑事罰を外すよう求めた。与党側は持ち帰って検討する。与野党は27日に再協議し、修正内容の合意を目指す。

 修正協議は国会内で開かれ、衆院内閣、厚生労働両委員会の与野党筆頭理事がそれぞれ出席した。

 議題は、政府が提出した改正案の条文のうち、(1)入院拒否者への1年以下の懲役または100万円以下の罰金(2)疫学調査拒否者への50万円以下の罰金(3)緊急事態宣言下で営業時間短縮などの命令に従わない事業者への50万円以下の過料(4)緊急事態宣言前の「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の発動要件など(5)事業者への財政措置-の5項目。政府・与党は修正後の改正案について2月初旬の成立を目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ