「令和の運び屋に」 河野ワクチン担当相が意気込み

 河野太郎ワクチン担当相は22日の参院本会議で、新型コロナウイルスワクチンの万全な接種体制の構築に向けて、「令和の『運び屋』といわれるように頑張りたい」と意気込みをみせた。議場からは笑い声が漏れたが「運び屋」という言葉は違法薬物の運搬などにあたる人を意味することがあり、野党席からは「不適切だ」との声も上がった。

 国民民主党の榛葉賀津也幹事長の質問に答えた。河野氏は米製薬大手ファイザーが開発したワクチンの供給を受ける正式契約を踏まえ、「ファイザーのワクチン接種を先行する。なるべく早く供給スケジュールを確定した上で、自治体と連携し、万全な接種体制を確保する」と強調した。

 また、榛葉氏は菅義偉(すが・よしひで)首相に対し、河野氏の防衛相時代の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画停止の経緯などを踏まえ、「河野氏は自他ともに認める『令和の壊し屋』だ。ワクチン接種には周到な事前調整が求められ、河野氏が最も苦手とするところではないか」とただした。これに対し、首相は「ワクチン接種は国民への情報発信が極めて重要であり、発信力のある河野氏が適任だ」と擁護した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ