震災追悼式は「開催予定」 平沢復興相、形式や規模を検討

 平沢勝栄復興相は22日の記者会見で、例年3月11日に行う政府主催の東日本大震災追悼式に関し「何らかの式典や行事は開催する予定だ」と述べ、形式や規模、会場などを政府内で検討していると説明した。

 平沢氏は「震災から10年という大きな節目だ。中央で何もしないのはあり得ない」と強調。一方で新型コロナウイルスの感染拡大状況を注視する必要があるとして「いろんな形が考えられる。(式典に)呼ぶ関係者の人数もかなり絞ることになると思う」と規模縮小の可能性に言及した。

 政府追悼式は例年、東京都千代田区の国立劇場で開かれ、遺族や関係者らが出席してきた。昨年はコロナの感染拡大を受けて中止し、首相官邸で献花式を行った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ