「日本も最終的に核兵器禁止条約へ参加を」 公明・山口代表

 公明党の山口那津男代表は22日、核兵器の保有や使用を全面的に禁じる「核兵器禁止条約」が発効したことに関し、「わが国も最終的にはこの条約を批准できるような環境を整えていくことが、あるべき方向性だ」と述べ、政府に条約への参加を前向きに検討するよう求めた。党参院議員総会で語った。

 締約国会合にオブザーバーとして参加することも求め、「他にはない唯一の被爆国としての国際的な立場を生かし、核保有国と非保有国の橋渡し役をしっかり務めるべきだ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ