日米高官が電話会談 バイデン政権発足後初

 北村滋国家安全保障局長は21日、米国の国家安全保障問題担当を務めるサリバン大統領補佐官と電話で会談し、日米同盟の重要性や「自由で開かれたインド太平洋」の実現などに向け緊密に連携することを確認した。サリバン氏は尖閣諸島(沖縄県石垣市)が日米安全保障条約第5条の適用対象だとも表明した。バイデン米大統領の就任後、日米高官による電話協議が明らかになったのは初めて。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ