菅首相は高齢者枠で接種 ワクチン「率先」発言めぐり

 菅義偉首相は21日の衆院本会議で、新型コロナウイルスのワクチンを「率先して接種する」とした自身の発言をめぐり「あくまで順番が来たら、接種を受けると申し上げた。私は高齢者に位置する」と理由を語った。他国に比べて接種開始が遅れる中、自身を優先する根拠を国民民主党の玉木雄一郎代表が尋ねた。

 厚生労働省は、首相が3月下旬にも始まる一般の高齢者を対象とした枠で接種を受けるとの見通しを示している。首相は現在72歳。

 政府は医療従事者や高齢者の接種を優先する方針。玉木氏は国民への早期接種に向けた全体の見通しを示すよう求めたが、首相は言及を避けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ