共産・志位委員長、五輪の今夏開催中止を主張

 共産党の志位和夫委員長は21日午後の衆院本会議の代表質問で、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪・パラリンピックの今夏の開催を中止すべきだと主張した。先進国と途上国の間でワクチンの接種に格差があり、各国の感染状況によって練習環境にも格差があると指摘し、開催できる環境にないと強調した。

 その上で「開催ありきではなく、ここで立ち止まってゼロべースから開催の是非を再検討すべきだ」と訴えた。菅義偉首相は「感染症対策をしっかりと行うことにより、ワクチンを前提としなくても安全・安心な大会を開催できるよう準備を進めている」と答弁し、ワクチン接種の有無は参加の必須条件にならないとの考えを示した。

 志位氏は代表質問後、国会内で記者会見し「今夏に限って(中止すべきだと)言っている。その後、どうするのか、いろんな議論がありうる」と語り、開催の再延期については否定しなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ