公明・石井幹事長、河井案里被告に有罪判決「議員辞職すべきだ」

 公明党の石井啓一幹事長は21日、令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐり、公職選挙法違反(買収)の罪に問われ、有罪判決が出た参院議員の河井案里被告に対し、議員辞職を求めた。「一つのけじめとして議員辞職すべきではないか」と述べた。国会内で記者団の取材に応じた。

 河井被告は事件後、自民党を離党したが、石井氏は「与党としても(判決を)非常に重く受け止めなければいけない。改めて襟を正し、政治不信の払拭に努めなければいけない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ