「五輪2024年の開催を」松井・大阪市長発言

 大阪市の松井一郎市長(日本維新の会代表)は20日、新型コロナウイルスの影響で今夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開催について、「後ろ倒しし、2024年の開催を目指して交渉すべきだ」と述べた。市役所で記者団の取材に語った。

 松井氏は夏までに国内でワクチン接種を終えることは難しいとの認識を示し、「コロナ後にみんなが喜び、祝える五輪にするため、IOC(国際オリンピック委員会)に対し日本国として(24年開催を)交渉すべきだ」と強調した。

 同市で25年に大阪・関西万博が開催されることから、「24年に五輪、25年に万博をすれば、コロナ後の成長や経済復活の目標としていいのではないか」と言及。「コロナ後の世界をリードしていく日本のためにも、『いのち輝く未来社会のデザイン』がテーマの万博を必ず大成功させる」と決意をにじませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ