公明・北側氏「国家の危機の中でも憲法論議を着実に」

 公明党の北側一雄副代表は20日の記者会見で、新型コロナウイルスへの対応が優先される中でも、衆参両院の憲法審査会で憲法改正をめぐる議論を進展させるべきだとの認識を示した。「国家の危機の中で、今の憲法秩序の条項がどうなのかという議論も大事だ。コロナ対策をしっかり進めながら、憲法論議も着実にさせていただきたい」と述べた。

 憲法改正の賛否を問う国民投票の利便性を公職選挙法とそろえる国民投票法改正案については「もう十二分に論議されてきた。内容的にも何ら問題ない」と述べ、早期に成立させるべきだとの考えを重ねて示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ