首相、ワクチン接種前倒しに意欲 「1日も早く開始に努力」

 菅義偉首相の施政方針演説に対する各党代表質問が20日、衆院本会議で行われた。首相は新型コロナウイルスのワクチン接種を2月下旬までに開始する政府方針について「さらに一日も早く開始できるようあらゆる努力を尽くしている」と述べ、前倒しを目指していることを明らかにした。

 ワクチンの接種体制の強化に向け、河野太郎ワクチン担当相を起用したことを踏まえ「河野氏に全体の調整と国民への分かりやすい情報発信を指示した。引き続き政府を挙げて全力で取り組む」と強調した。

 立憲民主党の枝野幸男代表は新型コロナの感染拡大に伴う緊急事態宣言の再発令の遅れを指摘。これに対し、首相は「日々の感染状況を把握し、専門家の意見を聞きながら判断した」と正当性を訴えた。

 枝野氏は、政府・与党が今国会での成立を目指す感染症法改正案に入院拒否者への懲役刑などを想定していることに対して「容認できない。行き過ぎだ」批判。首相は「与野党の意見を聞きながら速やかに法案を国会に提出する」と柔軟に応じる考えを示唆した。

 今夏の東京五輪・パラリンピックの開催に向けては「まずは新型コロナの克服に全力を尽くす」とした上で「安全安心な大会を実現するため、国際オリンピック委員会(IOC)や各競技団体と相談しながら感染対策の具体的内容を現在検討している」と語り、引き続き準備に万全を期す考えを強調した。

 また、憲法改正の是非を問う国民投票の利便性を公職選挙法とそろえる国民投票法改正案に関し、与野党が今国会で何らかの結論を得ることを合意したことについては「実現に強く期待している」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ