茂木外相、韓国大統領会見に「姿勢表明だけでは評価できない」

 茂木敏充外相は19日の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がいわゆる徴用工訴訟に関し日本企業の資産が現金化されるのは「望ましくない」などと述べたことに対し「姿勢の表明だけで評価を行うことは難しい」と述べ、問題解決にはあくまで韓国側の具体的提案が必要だとの認識を示した。

 茂木氏は「ここ数年、韓国によって国際約束が破られ、二国間合意が実施されていない状況がある」と非難。文氏の会見について「懸案解決のための韓国側からの具体的提案を見て評価したい」と語った。

 一方、「現在の日韓関係が日米韓の安全保障協力に悪影響を与えることがあってはならない」とも指摘し、北朝鮮への対応などで日米韓の連携を続ける考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ