加藤官房長官 緊急事態宣言前でも臨時医療施設の開設可能に

 加藤勝信官房長官は18日午前の記者会見で、新型コロナウイルス対策として政府が通常国会に提出予定の新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案に、緊急事態宣言の発令前でも臨時の医療施設を開設できるとする規定が盛り込まれたことについて「早い段階で病床確保を進めていく」と意義を説明した。政府高官は臨時の医療施設としてホテルやプレハブなどを想定しているとし、早期の病床確保につなげたい考えだ。

 一方、政府は特措法改正案の柱の1つである緊急事態宣言の前段階として検討していた「予防的措置」の新設について「蔓延(まんえん)防止等重点措置」という名称に変更した。理由について、加藤氏は「『予防的措置』は観念としてわかりやすいということで、使われてきたが、法律にしていく中での技術的な対応だ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ