小池百合子都知事 貫禄十分に奮闘中 恐るべき老獪さ…再び国政復帰の野望か

【政界マル秘淑女録】

 新型コロナウイルス問題で、最もテレビへの露出が多い政治家は、東京都の小池百合子知事ではないか。菅義偉首相以上という印象がある。小池氏は再選を目指す都知事選を控えた昨年3、4月、1日2回、ぶら下がり会見などで都の感染状況を説明した。陰では「事前運動ではないか」と揶揄(やゆ)する声もあったが、堂々、7月の知事選で再選された。

 再選後も、テレビで小池氏を見ない日はない。小池氏ほどテレビを上手に活用している政治家はいないだろう。おまけにコピーライター顔まけのキャッチコピー作成能力も持ち合わせている。

 例えば、昨年11月19日の記者会見では、新型コロナの新規陽性者などが増加しているとして、「(年末年始に向かって)ますます会食の機会も多くなると思うが、改めて会食時の対策を徹底していただきたい」と語り、「5つの小」と書かれたボードを掲げた。

 「5つの小」とは、会食は「小人数」「小一時間」「小声」「小皿」「『小まめ』に換気や消毒」のこと。つまり、「5つの小」を合言葉にして、感染防止対策の徹底を呼びかけたのである。

 小池氏は、細川護煕元首相が立ち上げた日本新党から国政進出を果たす。その後、新進党、自由党、保守党、自民党を転々と渡り歩きながら政治経験を重ねた。なぜか、どの政党に行っても時々の権力者に重用され、一定のポストを得て活躍している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ