加藤官房長官、首相の「国民皆保険制度」発言めぐる憶測を否定

 加藤勝信官房長官は14日午前の記者会見で、菅義偉(すが・よしひで)首相が13日の記者会見で言及した「国民皆保険制度」について「今の感染症の対応の中で日本の医療制度の対応はどうなのかという視点の質問に対して、(首相は)同制度という根幹をしっかりと守っていく中で検証していきたいと述べた」と説明した。

 首相の同制度をめぐる発言を受けて、ツイッター上で「国民皆保険制度を見直すのでは」との憶測が広がっていたが、こうした憶測を否定した格好だ。

 首相は13日の記者会見で医療法の改正について問われ、「医療法について今のままで結果的にいいのかどうか、国民皆保険、そして多くの皆さんが診察を受けられる今の仕組みを続けていく中で今回のコロナがあって、そうしたことも含めてもう一度、検証していく必要があるというふう思っている。それによって必要であれば、そこは改正するというのは当然のことだと思う」と語っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ