首相、1都3県知事と意見交換 病床確保など要請

 菅義偉首相は12日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言を発令した1都3県の知事と官邸で意見交換した。首相は病床確保について政府の支援策を活用し、各知事が先頭に立って医療機関に働きかけを行うよう要請した。

 西村康稔経済再生担当相ら関係閣僚も同席し、宣言に伴い1都3県が進める対策に対する政府の財政支援策などを説明した。西村氏は、飲食店への営業時間短縮要請の実効性を上げるため、繁華街の見回りや呼びかけを徹底することを知事側に要請。首相の提案により、政府と1都3県で事務レベルの連絡会議を設けることでも合意した。

 小池百合子都知事は記者団に「1都3県がワンボイスで緊急事態宣言の対策の実効性を高める意味で大変、有意義な機会だった」と述べ、今後も足並みをそろえて対応する考えを強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ