菅首相「速やかに判断」 関西3府県に緊急事態宣言検討

 菅義偉(すが・よしひで)首相(自民党総裁)は12日の党役員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言について、近く大阪、京都、兵庫の3府県を対象に加える方向で検討していることを明らかにした。「大阪をはじめとする厳しい状況にある府県についても、専門家の意見を踏まえ、状況をみて速やかに判断していきたい」と述べた。

 医療体制の逼迫(ひっぱく)状況などを踏まえ、3府県の知事が9日に政府に発令を要請していた。政府は近く専門家で構成する基本的対処方針等諮問委員会(尾身茂会長)を開き、13日にも発令を決定する見通し。

 緊急事態宣言は3府県のほか、愛知県の大村秀章知事も岐阜県とともに宣言発令を要請する考えを示している。愛知、岐阜両県も13日の発令に加えられる可能性もあるが、政府高官は「要請内容次第だ」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ