与野党、新型コロナで対決 衆院選にらみ野党攻勢

 与野党の党首が出演した10日のNHK番組では、緊急事態宣言の発令を受け、野党側が政府の新型コロナウイルス対策への批判を強めた。18日召集の通常国会では、野党が年内の衆院選も見据え、コロナ対策に照準をあてるとみられるだけに、菅義偉首相にとっては国民の理解を得られる説明ができるかが焦点となる。

 首相は緊急事態宣言について、「国民の皆さんに今一度ご協力いただき、必ず(感染状況の)ベクトルを下にしていきたい」と述べた。その上で、飲食店関係者や医療提供体制の強化に向けた支援策を説明した。公明党の山口那津男代表は「飲食店だけでなく、関わるところに支援の手が及ぶようにしていくことも重要だ」と強調した。

 これに対し、立憲民主党の枝野幸男代表は「事態を一番軽く見て対応を進めてきている」、共産党の志位和夫委員長は「菅政権による人災」などと政府を批判した。

 枝野氏は通常国会での対応について「政治とカネの問題は重要だが、感染症から命と暮らしを守ることが大前提だ」と述べた。新型コロナに軸足を置くことで政府に打撃を与えられるとの思惑がみえる。枝野氏は「緊急事態宣言に陥ることを想定せずに作った予算だ」として、令和2年度第3次補正予算案と3年度予算案の組み替えも求めた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は「まずやるべきは入国制限、水際対策だ。自国民に行動制限などを求めるなら、国外からの入国はいったん全面停止する(べきだ)」と主張した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ