「中露軍機活動を注視」 防空識別圏通過で岸防衛相

 岸信夫防衛相は25日の記者会見で、戦略爆撃機の合同パトロールとして日本海、東シナ海上空を共同飛行し日本の防空識別圏を通過した中国とロシアの動向を注視する考えを示した。「高い関心を持っている。わが国の領土、領海、領空を断固として守るため、警戒監視に万全を期す」と強調した。

 東シナ海で最近、中国が軍事活動を活発化させているとも指摘。「既存の国際秩序とは相いれない独自の主張に基づき、力を背景とした一方的な現状変更の試みを継続している」と問題提起した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ