安倍前首相記者会見詳報(1)「私が知らない中で行われていたが道義的責任痛感」

 安倍晋三前首相は24日、後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会の費用を補填(ほてん)した問題で不起訴処分となったことを受け、国会内で記者会見を行った。会見の詳報は次の通り。

 本日午前中、私の政治団体である安倍晋三後援会の政治資金収支報告書2017年、2018年、2019年の3年分についての修正を行ったとの報告を私の秘書から受けた次第であります。桜を見る会の前夜に行われていた夕食会の開催費用の一部を後援会として支出していたにもかかわらず、それを記載しなかったとの事実があったことから、その修正を行ったものであります。

 同時に、安倍晋三後援会の会計責任者である私の公設第1秘書が政治資金規正法上の収支報告書不記載の事実により略式起訴され、罰金を命じられたとの報告を受けたところであります。こうした会計処理については、私が知らない中で行われていたこととはいえ、道義的責任を痛感しております。深く深く反省するとともに、国民の皆さまに心からおわび申し上げます。

 桜を見る会の夕食会につきましては、令和元年秋の臨時国会、本年の通常国会において幾度も答弁をさせていただきました。その中で、安倍事務所後援会は夕食会の主催はしたものの、契約主体はあくまでも個々の参加者であった。本日午前中…、失礼しました。

 後援会としては収入はないし支出もしていない。従って政治資金収支報告書に記載する必要はないと認識していた。夕食会における飲食代、会場費を含め、支払いは個々の参加者からの支払いで完結していた。以上から、政治資金規正法などに触れるようなことはないとの認識であるといった趣旨の説明を繰り返しさせていただきました。

 事務所に幾度も確認をし、当時の私の知る限りの認識の限りのご答弁させていただいたつもりであります。しかしながら、結果としてこれらの答弁の中には、事実に反するものがございました。それが故に国民の皆さまの政治の信頼を損なうこととなってしまった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ