拉致解決へ「機会逃さず」 加藤官房長官、知事会要望に

 拉致問題担当相を兼務する加藤勝信官房長官は21日、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」会長の黒岩祐治神奈川県知事らと首相官邸で会い、問題解決に向けた要望書を受け取った。加藤氏は「刻々と変化する北朝鮮を取り巻く状況をしっかりと捉え、あらゆるチャンスを逃すことなく全力で取り組みたい」と強調した。

 黒岩氏はバイデン次期大統領が来年1月に政権を発足させるのを踏まえ「菅義偉首相との関係の中で拉致問題を発信してもらう流れをつくってほしい」と訴えた。要望書には、拉致問題が解決しない限り北朝鮮との国交正常化や経済支援は行わないことや日朝首脳会談の実現など目に見える形で具体的な成果を早期に出すことなどを盛り込んだ。

 知事の会は全都道府県知事がメンバーで、面会には花角英世新潟県知事らが同席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ