加藤官房長官「速やかな撤去に取り組む」ベルリン慰安婦像

 加藤勝信官房長官は17日午前の記者会見で、ドイツの首都ベルリン市ミッテ区の公有地に設置された慰安婦像の撤去が困難な情勢になったことについて、「極めて残念なことだ。速やかな撤去に向けて取り組んでいきたい」と述べた。

 日本政府が設置を防げなかったことに関しては「しっかり検証する必要がある。同様の事案を防止すべく、慰安婦問題の考え方を国際社会に説明し、正当な評価を受けることができるよう全力で取り組む」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ