岸防衛相が14日に中国の魏国防相と電話会談 尖閣、中国に遺憾伝達へ

 日中両政府は、岸信夫防衛相と中国の魏鳳和国務委員兼国防相の電話会談を14日に実施する方向で調整に入った。岸氏は中国公船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で活動を常態化させていることについて、遺憾の意を伝えるとみられる。自衛隊と中国軍の偶発的な衝突を回避するための「海空連絡メカニズム」についても協議し、懸案だった防衛当局間のホットラインの早期開設に向けて調整を加速させる。

 岸氏が防衛相に就任以降、魏氏と個別に意思疎通を図るのは初めて。「海空連絡メカニズム」をめぐっては、11月下旬に来日した中国の王毅国務委員兼外相が日中外相会談後の共同記者発表で、年内にホットラインを開設する方向で合意したと発言した。

 ただ、ホットラインの開設には回線工事など必要な手続きが残っており、日本政府関係者は「年内の開設は技術的に難しい」と話す。

 王氏が来日時に尖閣諸島をめぐり、日本漁船を「偽装漁船」などと呼んで中国側の領海侵入を正当化したことに自民党内からは強い反発が起きており、岸氏は日本側の強い懸念を示し、自制を求める考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ