拉致国際シンポジウム 「被害者の声なき声を聞いて」 被害者家族ら訴え

 北朝鮮による拉致被害者の救出を目指す政府主催の国際シンポジウムが12日、東京都内で開かれ、日本や海外の被害者家族らが早期の再会実現に向けた相互協力の確認や国民の理解促進を呼びかけた。

 横田めぐみさん(56)=拉致当時(13)=の弟の拓也さん(52)は、「(拉致されなければ)一人の女性として、充実した人生を送れただろうと思う」と悔恨。「拉致被害者たちの『助けてほしい』『日本に帰りたい』という声なき声に耳を傾けてください」と訴えた。

 田口八重子さん(65)=同(22)=の長男、飯塚耕一郎さん(43)は、今年相次いだ被害者家族の逝去や高齢化を挙げ、「私たちには時間がない。日本政府の待ちの姿勢は、許されない」と早期の局面打開を求めた。

 また、2016年に北朝鮮で拘束され、翌年に昏睡状態のまま帰国、直後に死亡した米大学生のオットー・ワームビアさん=当時(22)=の母、シンディさんは、「私たちは皆さんの味方。苦しみが解決するよう引き続き協力する」と語った。韓国、ルーマニアの拉致被害者家族からもビデオでメッセージが寄せられた。

 冒頭に挨拶した加藤勝信官房長官兼拉致問題担当相は「拉致問題は菅(義偉)内閣の最重要課題であり、すべての拉致被害者の一日も早い帰国の実現に向け、政府一丸で取り組んでいく」と決意を述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ