衆院広島3区擁立「自民の理解得られる」 公明・石井幹事長

 公明党の石井啓一幹事長は11日の記者会見で、次期衆院選広島3区について、公認した斉藤鉄夫副代表が与党統一候補になるとの期待感を示した。自民党も擁立した場合の対応を問われ「分裂選挙になるとは思わない。最終的には自民党の理解を得られる」と述べた。

 広島3区は公選法違反罪で公判中の河井克行元法相=自民党を離党=の地元で、自民党も後任を選定中。石井氏は、与党の議席確保が重要と訴え「大局的な判断で合意をつくるべきだ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ