自民広島県連、3区支部長任命を党本部に要請

 自民党広島県連会長の宮沢洋一元経済産業相は9日、党本部で二階俊博幹事長と会談し、公職選挙法違反の罪で公判中の元法相、河井克行被告=自民党を離党=の地元、広島3区で、次期衆院選の公認候補となる支部長に県議の石橋林太郎氏を任命するよう求めた。

 宮沢氏はこれに先立ち、山口泰明選対委員長とも面会。宮沢氏によると、山口氏は「広島の事情は痛いほどよく分かる。これから検討する」と語ったという。

 広島3区をめぐっては、公明党が斉藤鉄夫副代表=比例中国=の擁立を決めており、自公両党の調整が難航している。宮沢氏は記者団に「自民党候補を公明党と一緒に応援する態勢を党本部でつくっていただくことが一番良い」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ