加藤官房長官、尖閣沖の中国公船「懸念」 王毅外相に伝達

 加藤勝信官房長官は25日、中国の王毅国務委員兼外相と首相官邸で会談し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域での中国公船の活動について懸念を伝え、中国側に前向きな対応を求めた。記者会見で明らかにした。王氏は25日夕、菅義偉(すが・よしひで)首相との会談を予定している。

 延期となっている習近平中国国家主席の国賓来日問題は議論しなかった。王氏は会談後、記者団に「両国間にはさまざまな問題があるが、今までの共通認識にのっとって適切に対処すべきだ。もっと広い分野で協力できる」と述べた。日中両国が協力する分野をめぐって意見交換したという。

 王氏は24日、茂木敏充外相と東京都内で会談し、新型コロナウイルス対策で制限されている日中間のビジネス関係者の往来について、11月中に再開する方針で合意した。閣僚級の「日中ハイレベル経済対話」の来年開催も申し合わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ