国務長官指名のブリンケン氏「外交政策の識見深い」 茂木外相

 茂木敏充外相は24日の記者会見で、米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領が国務長官に指名したアントニー・ブリンケン氏について、オバマ前政権で国務副長官などを歴任したことに触れ「外交政策に関する識見が深く、これまでも日米同盟の強化に貢献されてきた」と評価した。「正式に就任された暁には、日米関係の一層の発展に向けて協力していきたい。速やかに意思疎通を図っていきたい」とも述べた。

 外務省幹部も、ブリンケン氏について「日米韓の関係を重視するなど東アジアの安定のために働いてきた。心強い」と歓迎した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ